2019年11月20日

Home  /  未分類  /  2019年11月20日

On 11月 20, 2019, Posted by , In 未分類, With 2019年11月20日 はコメントを受け付けていません。

2019年11月20日

私の塾には、英語教育では名だたる高校の生徒さんが、たまにではありますが、来られることがあります。学校では、ネイティブが英語で授業を行い、discussionやessay writingを中学時から鍛えられてきたとのことです。そのこと自体は素晴らしいことだと思います。

 

でも、共通しているのは、文法がよく分からないために、授業での内容についていけないという点です。

あるクラスでは、周りに帰国生が多く、先生はあまり文法説明らしいことをせずに、英語で授業が進んでいくとのこと・・・。

ある生徒さんは、私の塾に来て初めて品詞が何であるかが分かった・・と言っていました。
別の生徒さんは、分詞構文って一体どんなものかが、授業では分からず、私が書いた解説シートを読んで良く理解できた・・と言っていました。

こうやって書きますと誤解されてしまうかもしれませんね。
いえ、私は日本人がどんどん英語が使えるようになってほしいと願う者の一人です。

そうではなくて、あまりに文法を疎かにしてしまう昨今の日本の状況に異を唱えたいのです。

先日幼児英語教育のワークショップに出席してきたのですが、そこの講師の方がこう言っておられたのが印象的でした。

『私は、十数年前に今の塾を立ち上げた時、ネイティブの先生がオール・イングリッシュで
進める授業環境に子供たちを置いておけば、子供たちが自然と英語が出来るようになるのでは・・・?という幻想を持っていました。』

『しかし、そうはいきませんでした。そうやって学んだ子供たちが成長して中学に入学すると、色々な点でつまずくのです。』

と言って、その方が箇条書きにして提示して下さったのが以下の点です。

1. Be動詞と一般動詞の使い方と区別
2. 質問文には何を使うのか?(Is~? / Are~? / Do~? / Does~? )
3. 数えられる名詞と数えられない名詞の区別
4. 単数・複数
5. 三人称単数現在
6. 冠詞(a,a,the)の使い方
7. 前置詞の使い方
8. 過去形と現在完了形の使い方
9. 能動態と受動態の使い方
10. To不定詞と動名詞の使い方

そして、講師の先生曰く、こういった文法については、ネイティブの先生が教えるという要素と並行して、肝の部分だけは、日本語でしっかりと教えて行かなければならないということでした。

私も同意見です。

 

Comments are closed.