2019年6月4日

Home  /  未分類  /  2019年6月4日

On 6月 4, 2019, Posted by , In 未分類, With 2019年6月4日 はコメントを受け付けていません。

2019年6月4日 『心の貧しい者は幸いなり』

“Blessed are the poor in spirit, for theirs is the kingdom of heaven.” 

(心の貧しい者は幸いである。天の御国はその人たちのものだからだ)

私はクリスチャンなので、日々聖書を読ます。1日に15章は読むようにしています。時には英語でも読むことがあります。英語で読むと、日本語で読んだ時にはないような感動が与えられることもあります。

今朝は、マタイによる福音書5章の“山上の垂訓”と呼ばれる有名な箇所を読ました。
イエス・キリストが初めて説教をスタートさせた時のメッセージですが、その最初に、この冒頭の言葉が語られるのです。
“Blessed are the poor in spirit,・・・”
ここの文では、SとVが倒置されています。それによって、話し手の強い気持ちが表されています。もし、勝手な訳が許されるならば“祝福あれ!心の貧しい者に・・”といった感じになるでしょうか?

イエス・キリストは、これから始まる一連のメッセージの最初の出だしの部分である、この”Blessed”の部分をどのような気持ちで話されたのでしょうか?
これだけは伝えたい!と思って語られたのでは・・・、と勝手な想像を膨らませたりもします。

『心の貧しい者は幸いなり』とは、我々が生きている世間では通用しない言葉かもしれませんね。この世では、名誉・成功・権力、そして自分が認められることが何より求められます。『心の豊かな者は幸いなり』であれば、誰にでも受けいれられたかもしれないのに・・。

しかし聖書は言うのです、『心の貧しい者は幸いなり』と。
神の前にあって、自らが無力であることを、神を待ち望むしかない者であることを徹頭徹尾思い知らされた者こそが、本当の幸せ者だと聖書は言うのです。

私は、及ばずながら、この聖書の言葉に立って歩みたいと願う者の一人です。

Comments are closed.